Q&A

当社に関するよくあるお問い合わせはこちら
その他のお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

Q&A

 注文住宅は規格型の住宅とどう違うの?
 同じようなデザインの住まいをあちこちで見かけた経験はありませんか?それは住宅メーカーなどが手掛ける、規格型といわれる大量生産の住宅。建てる人の希望を全てカタチにした家とは言えないものです。その点、一からプランニングをしていくのがホーミーホームの手掛ける注文住宅。それぞれの住まいへのこだわりを実現し、ほかのどこにもない自分だけの住まいという、何物にも代えがたい満足を手に入れることができるのです。
 注文住宅はどのくらい思い通りの家がつくれるの?
 注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないので、外観のデザインや間取りはもちろん、アイデア空間づくりや細やかな収納、内・外装材、さらにバリアフリーや介護に至るまで自由に選択・実現することができます。
 注文住宅を建てたいと思ったら、何から始めればいいの?
 まず、どこの建築会社で建てるか。そして、その営業とお話し、信頼できるかどうかが大切です。ホーミーホームでは住宅メーカーに比べて社員数は少ないですが、アットホームな雰囲気がお客様をおむかえします。
 決まった形がない注文住宅。どうやって検討したらいいの?
 ホーミーホームでは、建築中の現場を随時ご案内できます。そこでは、完成すると見れない構造部分などが見れますので、是非ご覧ください。また、完成済みの住宅も事前にご予約頂ければ内覧できます。
 注文住宅の見学会や現場ではどんな情報が得られるの?
 「ホ-ミーホーム」がご紹介しているのは、工事段階から入居後までのさまざまな家づくりのステージを見ることができる見学会です。展示場では見られない実際の現場を、ご自分の目でご確認いただけます。さらに、職人さんやご入居者様の、実感がこもったアドバイスを聞けるのも大きなメリットです。
 保証体制はどうなっているの?
・瑕疵保証の10年義務化
 建物の完成引渡し後10年間、基本構造部分に発生した瑕疵(=欠陥)について無償で修理などをする保証。
・地盤保証
 地盤調査を行い、最適な基礎仕様または地盤改良を実施。それにも関わらず、地盤が原因で建物が損傷した場合には補修費用等を保証する。
・シロアリ保証
 保証期間中、シロアリの発生または、それにより住宅が損傷を受けた場合に保証。
・工事総合補償制度
 工事中の事故・災害、それに施工が原因で損害を被った場合に対して補償する。

保証に関しては近年「20年保証」「60年保証」などというメーカーも多く見かけます。しかしこれらの長期保証には「有料メンテナンス条件」が付いているケースがほとんどです。「有料メンテナンス条件」とは10年ごとに住宅メーカーが指定する修理箇所を有料でメンテナンスすれば10年間(あるいは5年)の保証を延長します。と言うシステムです。新築工事をしたお客様から自動的にリフォーム工事を請け負うメーカーに都合のよいシステムだと感じるのは間違いでしょうか? また、10年ごとにメーカーの言いなりに高額なメンテナンスを実施すれば何十年でも保証は可能ではないでしょうか?ホーミーホームでは「長期保証」を理由にお客様を拘束するのではなく、必要なときはいつでも適正な金額で対応させて頂いているので、「長期保証」を付ける必要が無いと考えております。
 注文住宅って高くないの?
 予算に応じて、きめ細かな提案ができるのが注文住宅のメリット。商品仕様や建材などを自由に選ぶことができるので、コストダウンを徹底する部分と費用を掛けてこだわりたい部分とを分けて、柔軟に家づくりをすることができます。つまり、予算の範囲内で最も希望にかなう住まいに近づけることができるのです。
 アフターサービスは大丈夫なの?
 ホーミーホームは、地元に根づいた展開をしています。だからこそ引渡し後も末永く付き合えて、いつでも相談できる安心感があるのです。家は何十年も住み継ぐもの。むしろ、建てた後の方が大切と言っても過言ではありません。
 家に興味はあるけど土地はない。相談できますか?
 家づくりを考え始めてから土地を探す方はたくさんいらっしゃいます。 「ホ-ミーホーム」では土地と建物を一緒に提案させて頂いておりますのでご安心下さい。 土地と建物を一緒に進めることでスムーズな家づくりができます。 すでに土地をお持ちのお客様もお気軽にお越しください。
 どのくらいの日数で完成しますか?
 あくまで目安となりますが、基礎工事から約5ヶ月で完成、お引き渡しとなります。家の大きさによって期間は前後しますので、参考程度にお考え下さい。
 自己資金がなくても家を建てられますか?
 無理のない返済計画をお客様と相談の上、提携銀行の住宅ローンを利用することにより100%融資を利用されているお客様もいらっしゃいます。
 木造住宅は鉄骨住宅より火災や地震に弱い?
 一般的には木造の方が火事に弱いと考えられているようですが、木はある程度燃えて炭化するとそれ以上は燃えなくなり、構造の躯体自体が崩れることはありません。 一方、鉄は燃えないのですが、熱が550度を超えてくると急に弱くなりフニャッと潰れてしまいます。火事のような高温では一発で潰れてしまいます。 鉄は熱に弱く、これは軽量鉄骨も同じです。 ですので火事によるリスクは鉄を使う工法の方が高いといえます。